ドッグフードおすすめランキング

【安全でおすすめ!】評判のよい缶詰ドッグフードおすすめランキング!

  • 評判のよい缶詰のドッグフードが知りたい
  • 無添加で安全な缶詰のドッグフードを探している
  • 国産の缶詰ドッグフードって危険性はないの?

などなど…安全でおすすめな缶詰のドッグフードお探しの飼い主さんも多いと思います。

当サイトで30種類以上の缶詰のドッグフードを調査した結果、8割ほどのウェットフード(缶詰)が愛犬にカラダに悪影響を与える材料が含まれてることが分かりました…

ここでは、缶詰のドッグフードの正しい選び方や、缶詰のドッグフード30種類を徹底比較し、

本当に安心でおすすめできる缶詰のドッグフード3選をランキング形式でお伝えしていきます♪ぜひチェックしてみてください!

缶詰ドッグフード人気ランキングを今すぐチェックする!

 

【基本編】安全な缶詰ドッグフードの正しい選び方を3つのポイントでご紹介!


「愛犬に危険性がないフードを選ぶには、何を根拠にフードを選んでいいか分からない」という方もいらっしゃると思います。

基本的にペットフードは

  • 原材料の品質を守るため
  • おいしさ、見た目、香り、嗜好性を良くするため
  • 栄養バランスの調整するため

というように、3つの目的で良くも悪くも添加物が使用されています。

その中でも、缶詰ドッグフードは、見た目をよくするための「発色剤」や、やわらかな触感を作るための「増粘多糖類」という2種類の添加物を使用してることが多いです。

こちらの添加物が使用されている問題を踏まながら、缶詰ドッグフードの正しい選び方を3つのポイントに分けてご紹介していきますねっ!

【選び方①】保存料・発色剤が一切不使用な無添加フード

保存料は、肉類を保存したり、肉が酸化で黒ずむのを防ぎ、赤色に発色させる「発色剤」という2つの役割があります。別名、亜硝酸ナトリウム、亜硝酸塩や亜硝酸ソーダとも表記されています。

デメリットは、肉類に含まれるアミンという物質と化学反応を起こすと、ニトロソアミンと呼ばれる発ガン性物質が発生します。

よって保存料・発色剤は、犬に与えるのは危険性が高く、絶対に避けるべき添加物です。

その他の避けるべき添加物

酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシン、没食子酸プロピル)、着色料(赤色〇号、青色〇号、黄色〇号)、保存料(ソルビン酸カリウム)、防腐剤(安息香酸類、ポリリジン、亜硫酸ナトリウム)香料、調味料、甘味料ほか

【選び方②】増粘多糖類が一切不使用な無添加フード

全30種類以上の缶詰ドッグフードの原材料を調べた結果、約6割に含まれている「増粘多糖類(ぞうねんたとうるい)」という添加物が使われています。

ウェットフードの「とろみ」や「プルッ」という食感やとろみを調整するために使われる粘性の高い多糖類の添加物ですが、発がん性やアレルギーを引き起こすと指摘されています。

「無添加が良い」「オーガニックが良い」と言われていますが、愛犬を健康被害から守る上で大切なのは、愛犬の身体に入る原材料に飼い主さんが興味をもち、危険なペットフードを見つけ、品定めする力を身につけることが大切です!

その他の危険度が高い添加物

〇〇ミール、〇〇エキス、〇〇パウダー、肉粉、肉骨粉、ボーンミール、肉類、家畜肉、〇〇副産物、動物性油脂、獣脂、家畜油脂ほか

【選び方②】グレインフリー/穀物(トウモロコシ、小麦)が少量なフード

穀物が絶対にNGという訳ではありませんが、犬は肉類・魚類など動物性タンパク質と違い、穀物(トウモロコシ、小麦)などの植物性タンパク質を、
体内で分解できません。

植物性のタンパク質は、別名グルテンと呼ばれております。体内で分解できないので、与え続けることで異物としてカラダが排除しようとし、グルテンアレルギーを発症します。(鼻炎や下痢、かゆみなどの症状)

トウモロコシ、小麦などの穀物は、肉類と比べて利益率が圧倒的によいので、犬の身体に悪影響を与えるにも関わらず、多用されてるのが現実です。

なので、缶詰ドッグフードを選ぶときは、グレインフリーのドッグフードや、消化率のよい穀物(玄米など)が含まれている使われているフードを選ぶことをおすすめします!

トウモロコシ(タンパク質14.3%)以外に、植物性のタンパク質を多く含む小麦(タンパク質13.3%)もグルテンを多く含んでおり、消化率が悪いです。

【評判・口コミがよい!】缶詰のドッグフード30種類を徹底比較!

上でお伝えした品定めする3つのポイントを踏まえて、市販や通販で販売している評判・口コミがよい30種類の缶詰ドッグフードを比較してみました!

比較する項目は「保存料・発色剤が入っていない無添加フード」「増粘多糖類が入っていない無添加フード」「グレインフリー」の3つです。

メーカー 保存料・発色剤が入っていない 増粘多糖類が入っていない ヒューマングレード
D.B.F デビフ ささみ&すなぎも
くいしんぼ缶 ビーフ&野菜
サイエンスダイエット シニアプラス ビーフ
ビタワングー 成犬用 極旨 ビーフ・野菜
ペディグリー 成犬用 ビーフ
愛犬元気 お肉たっぷり ビーフ入り
ヒルズのサイエンス・ダイエット シニア 高齢犬用 ビーフ
ヒルズのサイエンス・ダイエット シニア 高齢犬用 チキン
シーザー 吟撰ビーフ
イートイート ササミブロック 表記なし 表記なし 表記なし
文永堂 牛そぼろスープ煮 表記なし 表記なし 表記なし
Schesir(シシア) ドッグ ゼリータイプ ツナ
Schesir(シシア) 幼犬用チキン&アロエ ゼリータイプ
イートイート 国産おかず缶詰
いなばペットフード 日本の魚
シーザー 成犬用 吟選ビーフ チーズ・野菜入り
ニュートライプ DOGフィット NUT3530
フィッシュ4ドッグ サバポテト
ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低脂肪缶
ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート缶
ロイヤルカナン 療法食 PHコントロール缶
シーザー パウチ 成犬用 蒸しささみ 野菜入り
アニウェル 鹿肉&ポテト
アニモンダ フォムファインステン 鶏・たまご・ハム
カナガン チキン ウェットタイプ
Schesir(シシア)成人犬ドッグフード ゼリータイプ チキン&ビーフ
ニュートライプ グリーンラムトライプ
ニュートロ シュプレモ カロリーケア トレイ
フォルツァ10 エブリデイビオ ビーフ
ヤラー (YARRAH) チキンと野菜のドッグチャンク

以上、全30種類の原材料をチェックし、安全性を記号で評価させていただきました。

市販でよく見かけるドッグフードや、見慣れないドッグフードもあると思いますが、ほとんどの商品が×~△で危険な添加物が含まれているとお分かりいただけたと思います。

その中でも、原材料に一切添加物を使っていない缶詰ドッグフードや、穀物不要のグレインフリーなフードなど、少数ですが見つけることができました!

結局どれが良いの?と30種類も並べると迷ってしまうと思うので、当サイトがさらに条件を絞り安全でおすすめな缶詰ドッグフード5選をランキング形式にしてご紹介していきます!

安全でおすすめ!缶詰のドッグフード人気ランキング3選!

ランキング1位 カナガン チキン ウェットタイプ
ランキングNO.1に選ばれたのは缶詰ドッグフードは「カナガン チキン ウェットタイプ」!原材料にチキンを60%以上使用しており、人工添加物不使用、グレインフリー(穀物不使用)で、安心して食べさせることができます!朝食や、ドライフードに絡めて与えるととろけるスープになるのでおすすめです!
価格 【通常】4,950円(400g×3缶)
内容量 400g
原産地 ドイツ
原材料 骨抜きチキン生肉(65%)、サツマイモ、プレバイオティクス(チコリー、バナナ)、ニンジン、エンドウ豆、ブロッコリー、ビタミン類(ビタミンD)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン、無水ヨウ素酸カルシウム)、緑イ貝、サーモンオイル、リンゴ、ホウレンソウ、海藻、パセリ、ユッカ、ローズヒップ、イラクサ、マリーゴールド、アカニレ、アニス、セイヨウハッカ、ローズマリー
総合評価

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 ニュートライプ グリーンラムトライプ
EU圏のブリーダーに人気なニュートライプ ラム&グリーンラムトライプは、トライプを与えることで、親子が健康であれることはもちろん、生まれてくる子犬は健康だといわれ、大変人気な健康食として使用されています。もちろん、グルテンフリーで添加物は一切不使用です!
価格 【通常】 500円(390g)

【1缶当たり】 500円
内容量 390g
原産地 ニュージーランド
原材料 ラム肉76.40%、ラムスープ、グリーンベニソントライプ 15.35%、羊血漿成分、第二リン酸カルシウム、ビール酵母、ピロリン酸四ナトリウム、アガーアガー、カシアガム、グアーガム、塩化カリウム、緑イ貝エキス、塩化コリン、ビタミン&ミネラル類(ビタミンD3 、ヨウ素、葉酸、ビタミンB12、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、有機銅、有機マンガン、ビタミンB5、有機セレン、ビタミンE、ビタミンB3、有機亜鉛、有機鉄、炭酸カルシウム)
総合評価

詳細ページ公式ページ

ランキング3位  フィッシュ4ドッグ サバポテト
ノルウェー産のサバとポテト、ミネラル類のみを贅沢に使用した犬用ウェットタイプフード(一般食)です。もちろん、穀物や合成着色料・合成保存料不使用で、DHA・EPA、ビタミンB12、ビタミンDなど愛犬に必要な栄養素を含んだウェットフード(缶詰)です。
価格 【通常】540円

【1缶当たり】540円
内容量 185g
原産地 ノルウェー
原材料 ノルウェー産サバ 59% ポテト 7% ミネラル類
総合評価

詳細ページ公式ページ

最もおすすめな缶詰のドッグフードは「カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ!」

カナガンドッグフード チキン ウェットタイプがおすすめできる理由!
  1. 主成分は骨抜きチキン生肉を65%も使用!
  2. 食物繊維たっぷりの野菜(サツマイモ、エンドウ豆)を使用!
  3. 人工添加物や副産物は一切不使用!
  4. 穀物とグルテンも一切不使用!

「カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ」はペットフード先進国のドイツの工場で作られた品質管理がしっかり行き届いた贅沢な缶詰ドッグフードです。

グレインフリー(穀物不使用)にこだわり、愛犬に健康被害を与えるものは入っていません。チキン好きで穀物(グルテン)アレルギーで持ちの子にはぜひ試してみて下さい!