未分類

モグワンとカナガンドッグフードの違いを6つのポイントで徹底比較!

  • モグワンとカナガンってどっちが良いの?何が違うの??
  • モグワンとカナガンって同じ会社って聞いたけど大丈夫なの?

などなど…モグワンとカナガンドッグフードの違いについて気になる飼い主さんも多いと思います。

ここでは、モグワンとカナガンドッグフードの違いを6つのポイントに分けてスペック比較していきます!

どっちのドッグフードがより優れているのか?あなたの愛犬に向いているのはカナガンか?モグワンか?興味がある方は、ぜひチェックしてみて下さい!

どれが良い?モグワンとカナガンドッグフード違いを6つのポイントでスペック比較!

それでは、モグワンとカナガンのスペックを比較するにおいて以下6つのポイントに分けて違いを検証していきます。

  1. 内容量の多さ
  2. コスパの良さ
  3. 主な原材料は?
  4. 商品の安全性は?添加物・穀物は不使用か?
  5. 信頼できる会社か?
  6. 食いつきの評判がよいのは?
モグワン カナガン
①内容量の多さ
②コスパの良さ
③主原料の内容
④安全性の高さ
⑤安心安全な販売会社か?
⑥食いつきの良さ
総合評価(MAX30点)
(29)

(28)

 

モグワンとカナガンドッグフード「①内容量が多さ ②コスパの良さ」で違いを比較!

モグワン カナガン
内容量 1.8kg 2.0kg
お試し 100円 100円
通常価格 3,960円 3,960円
100gあたりの値段 220円 198円

ドッグフードのコスパを計算する方法は、購入価格÷内容量(g)=「100gあたりの値段」を計算できます。

モグワンとカナガンドッグフードでコスパが優れていのは、「100gあたり198円のカナガン」ドッグフードでした。

モグワンとカナガンドッグフードの「③主原料の内容」「④安全性の高さ」で違いを比較!

モグワン カナガン
主原料の内容 チキン&サーモン53% 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
穀物 グレインフリー グレインフリー
添加物 無添加 無添加

モグワンとカナガンドッグフードの原材料に含まれている主原料の内容・穀物・添加物から安全性を比較したところ

2つの商品ともに、食事アレルギーの原因になる穀物は不使用、体に害を与える添加物も不使用でした。

ですが、主原料の内容に違いがあるのでメリット、デメリットをまとめてみました。

  • モグワンは「チキン&サーモン53%」と、チキン&サーモンの2つのタンパク源を使用している
  • カナガンは「骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%」と、チキンだけの単一タンパク源を使用している

モグワンとカナガンドッグフードは「⑤安心安全な販売会社か?」で違いを比較!

モグワン カナガン
販売会社 ㈱レティシアン
開発会社 イギリスの元ペットショップオーナーが開発 (株)レティシアンとカナガンが共同開発
原産国 イギリス
生産工場 世界大手のペットフード製造会社のGAペットパートナーズ社で生産
歴史 イギリスのペットフード専門家とレティシアンが共同開発したオリジナルドッグフードブランド 世界26カ国以上に輸出されるイギリスを代表するペットフードブランド

モグワンとカナガンドッグフードの生産は、GAペットパートナーズ社で生産されています。

イギリス・ランカシャー州に位置するGAペットパートナーズ社の工場は、

国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認められた安心の施設とのこと。

私を含め、日本人には馴染のない社名ですが、GAペットパートナーズ社は世界40カ国以上にペットフードを輸出している世界大手ペットフード製造会社です。

気になる方はこちらからHPをチェックしてみて下さい。生産管理や販売会社に関しては問題なさそうです。

モグワンとカナガンドッグフードの「⑥食いつき評判の良さ」で違いを比較!

モグワン カナガン
粒の大きさ 直径0.5cmの小粒 直径0.8cmの小粒
評判の良さ Amazonのおすすめ度
(4.5)
48件のレビュー
Amazonのおすすめ度
(3.5)
117件のレビュー

Amazonや、楽天市場のレビュー数や購入者の満足度から、おすすめ度が高い商品をチェックました。

結果は、購入者の満足度が高いモグワンが「非常に満足」カンガンは「やや満足」という結果でした。

モグワン・カナガン・オリジンなどの人気ドッグフード10種類とスペック比較!

次に、モグワン・カナガン・オリジンなどの人気ドッグフード10種類のスペック比較をしていきます。比較軸は以下の3つに絞って検証していきます。

  1. 主用タンパク質は?
  2. コスパの良さ(100g当たりの値段)は?
  3. 原材料の安全性は?無添加・グルテンフリーか?
メーカー 主要タンパク源 コスパの良さ(100g当たりの価格) 無添加・グルテンフリー
モグワン チキン&サーモン53% 220円
カナガン チキン55.7% 198円
オリジン 鶏肉、七面鳥などの肉類80% 292円
ファインペッツ 鹿肉・鶏肉・鮭肉80% 380円
ロイヤルカナン 米、とうもろこし 152円
アランズナチュラルドッグフード 生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上 178円
ナチュラルチョイス チキン(肉)、チキンミール 116円
ナチュロル 牛・鶏・馬・魚の生肉55% 293円
サイエンスダイエット トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦 67円
アイムス 肉類(チキンミール、家禽ミール)、とうもろこし、小麦 アイムス

まとめ


いかがっでしょうか?当サイトでは、モグワンとカナガンを両方おすすめさせて頂きました!

コスパが良ければ、悪租な肉類、穀物類(トウモロコシ、小麦)など犬に不要な材料が含まれていたりします。

犬は人間と違って「今日何食べようかなー」というようにご飯を選ぶことができません。

なので、愛犬にどうのようなドッグフードを与えるのか?よい健康状態をキープできるかは飼い主さん次第なのです。

当サイトを見ていただいた飼い主さんが、愛犬の健康維持のため、より良質なドッグフード(ご飯)を選んでいただく事を願っています。

 
モグワンの公式ページをチェックする